MENU

住宅ローンの返済期間と借入期間

 

住宅ローンを借りる際に、借入期間と返済期間という言葉が出てくると思いますが、この二つの言葉はどちらも同じ意味だと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし住宅ローンの返済期間と借入期間というのは意味が違っています。住宅ローンの借入期間も返済期間も、どちらも金融機関から住宅ローンを何年契約で組むのかということを表しているのですが、一般的には30年、35年で住宅ローンを組んでいる人が多いのではないでしょうか。たとえば30年で住宅ローンを組んだ場合には、借り入れた総額を30年で割ることで毎月どれくらい返済しなければいけないのかが決まってくると思います。

 

では住宅ローンの借入期間と返済期間の違いですが、住宅ローンの借入期間の方は、金融機関と、最高で何年間ローンを組むことができるのかということを決めるのが期間です。そして住宅ローンの返済期間というのは、自分が何年間で住宅ローンを返そうと思う期間のことですから、同じ期間であっても住宅ローンの借入期間と返済期間は意味が違っていることがよくわかると思います。自分で決める住宅ローンの返済期間の方が、金融機関が決めている借入期間よりも長くなるということはありません。

残価設定ローン

 

残価設定ローンというのは、最近車を購入する際に組むローンのことです。従来のローンというのは、ローン支払いの対象となるのは、その車の価値すべてなのですが、残価設定ローンのバイアには、ローン支払いの対象になるのは、決められた3分の2の分だけで3分の1は、据え置き分として残すことができますから、月々のローンの支払い額を抑えることができるのです。
残価設定ローンは、今話題になっているのですが、月々の支払を抑えることができるのですが、デメリットはないのでしょうか。残価設定ローンは、新車を購入して、ある程度の期間使用した後は、売ることを前提にして組むというローンになるのですが、使ったあとの査定額を最初に設定しておきますから、最初から、5年間乗った後の査定額が決められていることになります。その査定額を引いた金額を、新車の購入金額から引いた額がローンの金額ということになります。
下取り価格を最初から引いた値段で、ローンを組むことができるということもあり、普通に新車を購入するよりは、ローンを組む金額が少なくて済むのです。デメリットとして考えられることとしては、売却をしたときに、最初に設定している査定の額よりも、もしも査定の額がその時点で、下がっていたという場合には、それでもそのまま売却できるのではなくて、差額をその時点で支払わなくてもいけないことになります。もしもローンの期間を過ぎた後も残ったお金を支払ったら、そのまま自分の車として、継続して乗り続けることも可能です。

住宅ローンシュミレーション

 

住宅ローンシュミレーションは、住宅ローンの借り入れができる金融機関などのサイトを見てみると、できるようになっているところが多いですね。住宅ローンシュミレーションは、月々の返済額を計算するのにとても便利です。たとえば、総額いくら住宅ローンを組んで、金利がどれくらいで、どれくらいの期間借り入れを行うと、毎月の返済額がどれくらいになるのかということは、ローンを組むにあたって知りたい情報ですよね。
そのような場合に、住宅ローンシュミレーションを利用すれば、金利、借入期間、総額などを入力するだけで、毎月の返済額などを計算することができるのです。ボーナス払いを併用しているという場合にはそちらも入力できるので、かなりリアルなところまで、住宅ローンの毎月の返済額を出すことができます。
これから家を買うという人は、家が買えたとしても、毎月返済していけるかどうか、その点が気になっているという人もいるのではないでしょうか。住宅ローンシュミレーションを利用すれば、毎月返済していけるかどうかをすぐに計算することができるのでとても便利です。住宅ローンをシュミレーションしてみて、その結果毎月の返済額がわかれば、その金額をしっかりと返済していけるか計画性を持って住宅ローンの借り入れを行うことができます。シュミレーションは金融機関のホームページなどから手軽に出来ると思いますので、必要な情報を手元において一度計算してみてはいかがでしょうか。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク